OsiriX(MacOS)で104番ポートの通信ができなくてハマった問題

104番ポートは、DICOM通信として公式に確保されたポート番号ですが、Macの場合、デフォルトでは104番ポートで通信が行えない現象があります。

TCPやUDPにおけるポート番号の一覧(Wikipedia)

Appleの公式サイトを見ると、一見すると104番ポートは既存ソフトの通信では使われていません。では、使われていないポートが、なぜ使えないという現象が起きるのでしょうか?

Macは管理者権限より更にうえの権限をもったユーザーがいる

インターネットを調べ回っていたらこのようなものを見つけました。

Warning: port 104 requires root access on MacOS: you cannot receive communications on this port.

Google検索(https://www.google.com/search?q=osirix+mac+104+port&client=firefox-b-d&sxsrf=ACYBGNTpcP8CvcrriVGwHYMcjrY-TvQlBg:1575075010223&ei=wrzhXemdDcavoATym4awDg&start=10&sa=N&ved=2ahUKEwjphurT25DmAhXGF4gKHfKNAeYQ8NMDegQIDBA6&biw=1680&bih=872)

しれっとこのような事が書いてありました。「104番ポートは、MacOSのルートアクセスが必要です。このポートでは受信できません」

気がつくわけ無いだろ!と思うかも知れませんが、これがMacOSの仕様ですので、ハマった方は素直にルートアクセスをゲットしましょう。WindowsのPACSを使っていたら、CTやMRIなどに、デフォルトの送信先として104番ポートを指定されている場合があります。ここからMacベースのOsiriXなどに移行したら、当然送信先として104番を指定しますので、ここで結構ハマります。

Macでルートユーザーになる

Mac でルートユーザを有効にする方法やルートパスワードを変更する方法(Apple公式)

Apple公式サイトの指示に従い、ルートユーザーを有効にします。

  1. Apple メニュー () >「システム環境設定」の順に選択し、「ユーザとグループ」(または「アカウント」) をクリックします。
  2. をクリックして、管理者の名前とパスワードを入力します。
  3. 「ログインオプション」をクリックします。
  4. 「接続」(または「編集」) をクリックします。
  5. 「ディレクトリユーティリティを開く」をクリックします。
  6. 「ディレクトリユーティリティ」ウインドウの をクリックして、管理者の名前とパスワードを入力します。
  7. ディレクトリユーティリティのメニューバーから、以下のように選択します。
    • 「編集」>「ルートユーザを有効にする」の順に選択し、ルートユーザ用に使うパスワードを入力します。
    • または、「編集」>「ルートユーザを無効にする」の順に選択します。

ルートユーザとしてログインします

  1. Apple メニュー >「ログアウト」の順に選択し、現在のユーザアカウントからログアウトします。
  2. ログインウインドウで、ユーザ名「root」と、ルートユーザ用に作成したパスワードを使ってログインします。
    ログインウインドウに複数のユーザのリストが表示される場合は、「その他のユーザ」をクリックしてからログインします。

ルートユーザーにてOsiriXを起動すれば、104番ポートでモダリティからDICOMデータを受信することができるようになります。

Comments are closed